お金を借りるオハナシ。

ローンからキャッシングまで

今回は、お金を借りるということを「ローン」と「カードローン」の2種類に分けてお話しましょう。違いは、個のキーワード、(目的、金額、使用方法、返済)です。

 

まずは目的。ローン商品には、一般的には、目的に応じて融資されるものがあります。先にお話したように、住宅購入の為、子供の学費の為といったものです。一方カードローンは、使用目的は特に設定されていません。次に金額です。ローン商品の場合、一般的には、住宅ローンが高額な融資の代表選手です。ローンは、本人の収入や所有している資産によって融資限度額が決められます。一方カードローンの場合は、会社によって異なりますが、一般的には、300〜500万円程度です。ただ、複数の会社から既に融資を受けている場合は、その上限は低くなります。ローンの使用方法は、審査が通り、融資実行時に、融資額(借りる金額)を一括で本人の口座に振り込みがされます。カードローンの場合、融資決定後、専用のカードが作られ、必要な時にそのカードを使ってATMで引き落とし利用します。銀行系のカードローンであれば、既にもっている普通預金口座のキャッシュカードがそのままカードローン用のカードに併用される場合もあるので便利です。

 

返済期間ですが、カードローンであれば、翌月一括でもOKですし、毎月一定の金額を返済するリボルビングもできます。ローン商品であれば、数年で返済期間を設定し、毎月一定の金額を返済するのが一般的です。